生理不順 種類

生理不順にもいろいろなものがある

生理不順の種類とは

 

生理不順にはたくさんの種類があります。
そもそも月経が止まってしまったという場合はもあれば、生理の周期が異常に短いもしくは
異常に長いなど正常周期を逸脱してしまう場合もあります。
ほかにも過多月経や無排卵月経などその症状は様々な原因で起こってきます。
生理不順の中には高プロラクチン血症といいプロラクチンの値が高いため排卵がおきない
という生理不順もあります。
そのようなば場合はプロラクチンの数値を下げる治療が必要になってきます。
ストレスやダイエット、激しい運動などが原因で生理不順になる人も多く
放置していると不妊の原因にもなりかねないので、原因となるものを排除し
健康体の体に持っていくことが必要です。

 

若い世代ほど自分の健康より見た目の美容を重視し無理なストレスがかかる
ダイエットをしがちです。
脳はストレスに弱いので無理をしてしまうとホルモンを出す機能が弱り生理不順になってしまいます。
女性の体は機械ではないのでいつもの日にちに来なかったらすぐ生理不順というわけではありません。
ちょっとしたストレスなどでホルモンバランスが崩れ乱れることはよくあることです。
なので少し乱れたぐらいでまたすぐに元に戻ったら心配することはありません。
ですが3ヶ月以上生理が来ない場合などはすぐに婦人科を受信したほうがよいとされています。
生理不順は長く放置しているとそれだけ回復するのにも時間がかかる場合があります。
自分の体のことを一番わかっているのは本人なので生理不順といった問題を抱えたら
迷わず受診することをおすすめします。